スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリウス2世 (ローマ教皇)

ユリウス2世JuriusII第216代ローマ教皇ラファエロによる肖像画教皇就任1503年11月1日教皇離任1513年2月21日先代ピウス3世次代レオ10世個人情報本名ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ(GiulianodellaRovere)出生1443年12月5日2ショットチャット、アルビソーラ・スペリオーレ死去1513年2月21日イタリア、ローマその他のユリウス 表・話・編・歴 ユリウス2世(JuliusII1443年12月5日-1513年2月21日)はローマ教皇(在位,1503年-1513年)。本名はジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ。芸術を愛好し、多くの芸術家を支援したことでローマにルネサンス芸術の最盛期をもたらしたが、その治世において教皇領とイタリアから外国の影響を排除しようとした奮闘が、戦争好きの政治屋教皇というレッテルを彼にもたらすことになった。目次1生涯1.1急速な出世1.2アレクサンデル6世との対立1.3イタリア戦争2評価3関連項目[編集]生涯[編集]急速な出世アルビッソラの貧しい家で育ったローヴェレは教皇シクストゥス4世の甥にあたる。その叔父の意向を受けてクレジットカード現金化 即日はフランシスコ会の修道院に学び、自然科学の勉強のためにラペルーズの修道院に送られることになった。しかし、彼はそれを拒否し、フランシスコ会修道院に入った。しかし、フランシスコ会に籍をおきながら、1471年に叔父によってフランスのカルペントラスの司教にあげられるまで特例として教区にも在籍していた。1471年、28歳にして枢機卿にあげられ、叔父が教皇になるまで持っていたサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ(聖ペトロをつないだ鎖があることで有名な大聖堂)の枢機卿位を引き継いだ。叔父のもとで影響力を増していったローヴェレはアヴィニョンの大司教位など八つもの司教職をかけもちしていた。1480年には教皇使節としてフランスに派遣され、四年間同地に滞在した。華々しい経歴の中で、教皇がインノケンティウス8世に変わっても枢機卿団における彼の影響力の大きさは増していくばかりであった。[編集]アレクサンデル6世との対立当時の枢機卿団の中で影響力を持っていたもう一人の人物ロドリゴ・ボルジアとは互いをライバル視するようになっていった。しかし1492年のコンクラーヴェでは、アスカニオ・スフォルツァの抱きこみに成功し、巨額の賄賂によって枢機卿たちの票を買いまくったボルジアが圧勝し、教皇アレクサンデル6世を名乗ることになった。敗れたローヴェレは身の危険を感じてオスティアに逃れ、さらにパリへと逃れた。パリでは国王シャルル8世の身辺にあってナポリ王国への継承権を主張するようそそのかしていた。ついに王を動かすことに成功したローヴェレは債務整理・自己破産軍と共にイタリアへ侵入、アレクサンデル6世の抵抗を排除しローマ入城に成功した。ここで汚職の噂に事欠かなかったアレクサンデル6世を断罪し、退位させることができると思ったが、そこはアレクサンデル6世のほうが一枚上手であった。アレクサンデル6世はシャルル8世の腹心ブリソネーに枢機卿を与える約束をしてその地位を保障されたのだった。その後、一旦アレクサンデル6世と和解したが、打倒ボルジアの野望を捨てず1503年アレクサンデル6世が没すると、ローヴェレはミラノのピッコロミニ枢機卿を支持して、教皇選出に大きな役割を果たした。これがピウス3世である。しかし、ピウス3世は病にたおれて急逝。ローヴェレは、かつての仇敵ボルジアの庶子で教会軍総司令官であったチェーザレ・ボルジアの支持を取り付けるという政治的な離れ業をおこなって教皇位につき、ユリウス2世を名乗った。用済みとなったチェーザレは捕縛され、ナバラ王国に
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

インドネシアスキー

Author:インドネシアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。